一般社団法人 京都府建設業協会

一般情報
協会概要
会員名簿
広報誌
一般情報
研修会・講習会
協会の事業・販売 商品
入札参加情報
関係団体・行政情報
協会のCM放送・ニュース等
各支部情報
会員専用
>> 以前の新着情報はこちら
トップページ > 協会概要
協会概要

令和元年度 通常総会


 本日は、一般社団法人京都府建設業協会 令和元年度通常総会を開催いたしましたところ、ご来賓として、

国土交通省近畿地方整備局 局長 黒川くろかわ じゅん一良いちろう 様

京都府知事 西脇にしわき 隆俊たかとし 様

京都市長 門川かどかわ 大作だいさく 様

 そして国会議員秘書の皆様方をはじめ、関係機関からも多くの皆様方のご臨席を賜り、心より厚く御礼を申し上げます。また会員の皆様方には、府下一円 遠路から多数のご出席をいただき、深く感謝申し上げます。
 そしてこの1年間協会の運営にご協力・ご支援をいただきましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 さて、昨年私が会長に就任してからの1年間は、建設業にとっては大きな変化のあった年でありました。
 大阪北部地震、北海道胆振胆振いふり地方地震、気候変動による異常気象に伴い大型化した台風、局地的豪雨などにより、全国各地で大規模な自然災害が頻発いたしました。府内でも多数の死者、家屋の浸水、河川の越水えっすい等の発生により、協会会員が災害対応に追われた年でもありました。
 災害発生時の応急活動や復興事業に携わるのは、地域に密着した地域建設業の役目であり、このような社会的役割を果たすには、先が見える安定した建設投資と経営の確保が欠かせないところであります。
 そのような中、政府は相次ぐ災害の発生に伴い、重要インフラの緊急点検を実施し、向こう3年間で総額7兆円の防災・減災、国土強靭化対策事業費を決定し、平成30年度2次補正から執行されているところであります。また令和元年度当初予算における公共事業費は、7年連続増額確保されたところでもあります。
 また、京都府の令和元年度当初公共事業費も、交通ネットワークの整備、安心・安全に不可欠な防災基盤整備の着実な推進のために、昨年度に比べて大幅に増額予算を確保されました。このように、地域建設業の現状に配慮いただいた取組みに重ねて感謝を申し上げる次第であります。災害に強い地域づくりのために、国土強靭化対策事業の継続と、建設産業の安定のために、公共事業費の持続的な増額確保、中長期の建設投資計画の策定をお願いいたします。

 また、建設業の担い手の確保・育成も喫緊の課題であり、若年者の入職促進、離職者を抑制するためには、建設従事者の処遇と就労環境の改善を図らなければなりません。長時間労働の是正と週休2日制の導入、適正な給与水準の確保と社会保険加入の徹底、現場の生産性向上の3点セットは、中小建設企業にとっては高いハードルでありますが、取組みを加速させる必要があります。
 政府の働き方改革が促進する中、改正労働基準法では建設業には5年間の猶予期間があるものの、時間外労働に罰則付き上限規制が設定され、国においては、適正な工期設定等のためのガイドラインの改正、7年連続となる設計労務単価の引き上げ、低入札基準価格の設定範囲の引き上げなどの改善が図られ、また本年4月から、建設キャリアアップシステム、外国人労働者の受け入れも本格的運用がはじまりました。いずれも建設業を取り巻く現状と建設業が将来求められているあり方を考慮して改善されたところであり、施策の実施を加速、確実なものにするため、品確法をはじめ担い手三法の改正が現在開催中の国会で成立する見通しであります。これらの取組みを早急に進めることによって、地域建設業の再生と活性化に繋がり、元号も平成から令和へと代わり、正に建設業の新時代に相応しいスタートを切らなければなりません。
 しかし、時間外労働の削減や週休2日の確保といった働き方改革の実現は、適切な工期設定、発注・施工時期の平準化、設計労務単価のさらなる引き上げや適正な利潤の確保などは、発注機関の理解と協力なくしては成り立たないところであります。また、公共工事だけではなく、民間発注工事においても同様の認識が浸透するよう、品確法やガイドラインの周知・徹底を図っていただくようお願いいたします。
 我々も、全建が進めます「休日月1+(ツキイチプラス)運動」「単価引上げ分アップ宣言」など取組みの具現化を推進して、職場環境の改善を図り、産業としての魅力の向上、若者が将来を託せる産業となるよう、新3K(給料・休暇・希望)の実現を目指して努力を続けてまいりますので、ご臨席の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 また、新時代が幕を開け、時代の大きな転換期の中で、今後も変化の激しい経営環境が続くと想定されますが、いかなる状況にあっても流れに呼応して、臨機応変な対応のできるリーダーシップが求められます。次世代の企業経営を担う後継者、若手経営者に、経営トップとしての資質の向上と研鑽に取り組んでまいります。

 結びに、今後も地域住民の安心・安全を守り、地域経済の発展に寄与する基幹産業として成長するべく、会員一同努力してまいりますので、皆様方の一層のご支援ご協力をお願いし、併せて本日ご出席の皆様方の益々のご健勝と、会員各社のご発展を祈念いたしまして、開会の挨拶とさせていただきます。

(一社)京都府建設業協会
会長  小 ア  学




設 立  昭和23年3月(昭和58年3月社団法人化)
代表者  会 長 小ア 学
会員数  令和元年6月1日現在  228社
役 員  副会長 5名 理事 30名 相談役 3名
 監事 3名 専務理事 1名
所在地  〒604-0944
 京都市中京区押小路通柳馬場東入る橘町645
 TEL:075-231-4161  FAX:075-241-3128


*建設業近代化促進業務 一般社団法人 全国建設業協会
*公共工事の円滑な推進 京都府建設産業団体連合会他
*会員の資質の向上、道義の高揚に
  関する諸業務 ◎勤労者退職金共済機構
*経営基盤強化に関する諸業務  (建退共京都府支部)に係る業務
*人材育成に関する諸業務 ◎(公財)建設業福祉共済団事業の
*建設技術の向上に関する諸業務   共済加入に係る業務
*関係諸官庁、各種団体との連絡 ◎京都府建設産業団体連合会の業務
*各種情報の収集と伝達 ◎京都府土木施工管理技士会の業務
*各種資料の収集、調査、研究 ◎京都府建築施工管理技士会の業務
*広報宣伝活動 ◎京都府火薬類保安協会連合会の業務
*関係官庁指定書類等の委託販売 ◎京都建設業暴力追放協議会の業務
*各種研修会、講習会の開催 ◎株式会社京都建設会館の業務
*社会福祉事業 ◎京都府建設業協会 京都支部の業務
*情報推進に関する業務


支部  京丹後、宮津、舞鶴、福知山、綾部、船井、亀岡、北桑田
 京都、宇治、綴喜、相楽 (12支部)

京都支部 : 中京区押小路通柳馬場東入る
宇治支部 : 宇治市宇治若森2-1 宇治建設会館内
綴喜支部 : 京田辺市田辺十曽1-5
相楽支部 : 木津川市木津雲村110-5
北桑田支部 : 南丹市美山町静原森ヶ下7−1
亀岡支部 : 亀岡市追分町馬場通19-2 Pe-titeビル2階
船井支部 : 南丹市園部町小桜町173-1 船井建設協同組合内
綾部支部 : 綾部市並松町上番取8-6 綾部建設会館内
福知山支部 : 福知山市篠尾新町1-4
舞鶴支部 : 舞鶴市字余部下1194
宮津支部 : 宮津市字鶴賀2089-1
京丹後支部 : 京丹後市峰山町杉谷1023


常置委員会  総務広報、土木、建築、労務・経営
事務局  専務理事 事務局長 事務局次長 総務課 事業課



一般社団法人 京都府建設業協会
〒604-0944 京都府京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町645 TEL.075-231-4161 FAX.075-241-3128